噛み合わせ
セカンドイメージのドロップシャドウ

ホーム > 診療メニュー

赤坂 歯医者・歯科の口コミ・評判
メイン部分のトップ

顎関節治療

>正しい噛み合せとは

>噛み合せがずれる原因

>噛み合せを放置すると

>噛み合せのセルフケア

>学会 症例発表

>顎関節症とは、症状

>顎関節症の原因

>顎関節症の4タイプ

>治療法、治療の流れ

噛み合わせ認定医を中心に、総合的な治療を行っています。

総院長 吉田 雅幸

噛み合せ(顎関節症)外来では、顎咬合学会の認定医による総合的な噛みあわせ治療を行うことができます。
当院では、数多くの患者さんの噛み合せの悩みを解決して参りましたので、ご不明・ご不安な点等ございましたらお気軽にご相談ください。

総院長 吉田 雅幸

◆略歴◆
1999年 明海大学歯学部卒業
 都内の咬合治療が中心のクリニックで4年間勤務
 米国の州立大学にて研修
 相模原市の吉田歯科院長に就任
 JIADS・筒井塾、などで知識の取得
2005年 自由ヶ丘デンタルスタジオを開業
2008年 医療法人化 理事長就任
2011年 赤坂デンタルオフィス開院
◆専門◆
・顎咬合学会認定医
・咬合療法研究会、JIADSCLUB所属

脳神経外科との連携で、より正確で安全な噛み合わせ治療を。

脳神経外科医 菅原道仁

脳神経外科医 菅原 道仁

◆略歴◆
1997年 国立国際医療センター 脳神経外科
1999年 国立病院 東京災害医療センター 救命救急科
2000年 医療法人社団 北原脳神経外科病院勤務
2004年 医療法人社団 北原脳神経外科病院 診療部長就任
2007年 医療法人社団 北原脳神経外科病院 副院長就任
2010年12月 北原ライフサポートクリニック 院長
2012年12月 日本健康教育振興協会 会長

◆専門◆
杏林大学医学部卒業後、クモ膜下出血や脳梗塞といった緊急の脳疾患を専門とし、国立国際医療センター、北原脳神経外科病院にて数多くの救急医療現場を経験。 外来診療は月に1,500人を診察することも。

現在は、「病気になる前にとりくむべき医療がある」との信条で、新しい健康管理方法である予想医学を研究・実践している。日本健康教育振興協会会長。脳神経外科医専門医、抗加齢医学専門医、日本体育協会公認スポーツドクター。

心療内科医との連携で、ストレス由来の症状へも対応

自由が丘心療内科 院長 高岡 拓

◆略歴◆
神戸大学医学部卒業
慶應義塾大学精神科医局にて研修
恵比寿メディカルクリニック院長を経て自由が丘心療内科開業。
独立行政法人 東京産業保健推進センター メンタルヘルス相談員をはじめ、メンタルヘルス全般を専門とした大手企業の産業医も歴任。

◆専門◆
日本精神神経学会、日本産業精神保健学会、日本メンタルヘルス・コンサルティング機構所属 
日本精神神経学会専門医制度委員会認定指導医
日本精神神経学会精神科専門医
日本医師会認定産業医

慢性的な頭痛や肩こりに悩まされている方へ

脳神経外科医:菅原>

これまで数多くの頭痛患者さんを診てまいりましたが、その多くが「筋緊張性頭痛」です。筋緊張性頭痛とは、精神的・身体的なストレスや悪い姿勢により筋肉が緊張することが原因とされています。

歯科医師:吉田>

この筋緊張性頭痛や肩こりなど、慢性的な症状を抱えている患者さんの多くに、噛み合わせの問題があります。また、歯ぎしり(ブラキシズム)が強い患者さんについても、寝ている間に顎の筋肉が疲労して緊張して起床後の頭痛、肩こり、けだるさを訴える方が多いのも事実です。

心療内科医:高岡>

同時に、ストレスは、非常に根深い問題で、様々な問題を引き起こします。
頭痛や肩こり、その他の不定愁訴もそうですし、歯科との関連で言えば、歯ぎしりが悪化するケースもあると聞いています。

歯科医師:吉田>

そうですね。歯ぎしりが悪化して、噛み合わせに問題が発生することもしばしばです。
噛み合わせの問題は、そういった、筋緊張性頭痛・肩こり・ストレス・歯ぎしり などが複合的、かつ双方向的に絡み合って、発生します。
当院では、これらの複合的な症状に対して、積極的に噛み合わせ治療を行い、多くの患者さんが症状改善しています。

脳神経外科医:菅原>

脳神経外科での治療法としては、筋弛緩剤の投与など対症療法(症状を抑える)を中心に行っていますが、しばらくするとまた症状が再発しますので、根本的な治療の必要性を日々感じています。

歯科医師:吉田>

確かに、根本的な改善でなければ、また同じ症状が再発します。
全てのケースではありませんが、その根本的な治療となるのが、スプリント療法による噛み合わせの治療です。就寝時にマウスピースを装着していただくことで、筋肉の緊張を防ぐことができ、これによって症状の改善が見られれば頭痛や肩こりの原因が噛み合わせである可能性が高いと言えます。

心療内科医:高岡>

別のアプローチとして、ストレス除去によって、歯ぎしり・頭痛・肩こりなどの症状、ひいては噛み合わせが改善されるケースもあります。

鎮痛剤や筋弛緩剤、精神安定剤を常用されている方は是非一度、お気軽にご相談にお越し下さい。
当院は、歯科・脳神経外科・心療内科の総合的な対応ができる数少ない噛み合わせ外来です。

 

ページのトップに戻る

 

一般的な顎関節症の治療法

顎関節症は、関節の病気なので歯科の専門分野の中では、口腔外科に分類されます。
口腔外科での顎関節症の治療は、関節に電気的な刺激を与えるマイオモニターといわれる治療、歯にはめるスプリントを作る治療、関節を手術する治療などがあります。
顎関節症治療のスプリントは一般の歯科医院でも簡単に作れるので、試された方も多いと思います。ところが、顎関節症のこれらの治療では手術も含めて、顎関節症を完治させることは難しい場合が多いのです。

ページのトップに戻る

 

根本的な顎関節症の治療法

顎関節症の根本的な治療法は、歯の噛み合せがなんらかの要因によりずれてしまい、下顎が不均等に動いて顎関節に負担をかけている場合、複数の被せ物で、顎自体を理想的な噛み合せに作り変えることによって、下顎の関節を負担の無い、自然な場所までもどして、顎関節への負担を軽減し、顎関節症を完治させます。

ページのトップに戻る

 

当院における噛み合せの治療法

当院ではスプリントを用いた治療を主に行います。スプリントのメリットは大きく以下の4つが挙げられます。

  • 筋の硬直の改善
  • 顎関節の位置のズレを治療
  • 咬合性外傷の予防
  • 過度な歯ぎしり・くいしばりの予防

顎関節症の治療とスプリント治療

下の図は横から見た人の顎の正常な状態の図になります。


下の2つの図をみると、咬み合わせの状態が悪いことによって咬んだ時の顎の位置がずれてしまっているのがわかります。正常の場所に顎が戻らないと、負担がかかってしまいます。すると開口する際、痛みが出たり、位置がずれてしまっている分だけ顎の周囲にある筋にも負担がかかってしまうようになり、口を閉じていても筋の休まるときがなくなってしまう状態になってしまいます。

そこで、顎の位置を理想の位置に戻すためスプリントを上の歯と下の歯に挟んで使用してもらうと、下の図のように顎の位置が理想の位置に戻るようになり筋の負担も軽減されるようになります。


歯ぎしり・くいしばりの治療とスプリント治療

人は無意識のうちに歯ぎしりやくいしばりをしてしまうことがあります。過度にその状態が続くと、上下の歯がずっとこすりあってしまい、歯の磨耗が起きてしまいます。また、歯の切端が削れてしまいます。さらに歯並びなどの問題が加わると、特定の歯だけが強く接触してしまうこと(咬合性外傷)もあり、その歯に過大な力がかかり負担をかけてしまいます。


このような弊害を取り除くため、スプリントを使用し特定の部位だけでなく歯全体に歯ぎしりや、くいしばりの力が均等に分散されるようにしていくことができます。

人は口を動かす時などは上下にカチカチ噛むだけではなく、歯ぎしりのように左右にも動かしたり運動します。これらの運動をする事がスムーズに行えることが理想的であります。しかし、歯並びが悪くスムーズに運動することができなくなり歯に負担をかけてしまったり顔の周りの筋肉も運動ができないことによって硬直を起こしてしまったりします。


スプリントをいれることでスムーズに左右に顎を動かせるようになります。

スプリント治療の効用

スプリントをしばらく使用していき、筋の硬直を取り除いてあげ、顎の関節の位置が理想の位置に近づいたら、その位置を目標に矯正やかぶせもので歯の咬み合わせの治療をすることで、スプリントを使用しないでも正しい位置関係で噛むことができるようになります。

その結果、

  • スムーズな歯ぎしり
  • 正常な筋や顎の運動(肩こり、偏頭痛等の軽減)
  • 咬合性外傷が起きない等のメリットがあります。


この症例はスプリントを用い、正しい位置関係で咬めるようになり、その結果、筋の硬直も除去することができました。しかし、スプリントを外すと正しい位置では咬めないため、矯正と被せ物を併用して咬み合せの治療を終えた症例です。歯並びはもちろんですが、上顎と下顎が正しい位置で安定しています。

ページのトップに戻る

 

噛み合わせ・顎関節症治療の流れと費用

初診時

各種検査(レントゲン撮影、口腔内写真撮影、口腔内検査)を行い、カウンセリングにて状態を詳しく説明いたします。

次に、スプリント(治療用のマウスピース)の型採りを行います。
初診時の費用は、保険適用で、¥3,000~¥4,000前後 になります。
初診時の診療時間は約1時間です。

※より細かい顎の状態を知りたい方は、CT撮影も可能です。 その際の費用¥5000前後

2回目

初診時に採った型から、スプリントを作成してお待ちしております。
スプリントを装着し、調整をさせていただきます。(約1時間)
時間があれば歯周病予防のケア、歯石取り等(約30分)を行います。
2回目の費用は、保険適用で、¥5,000前後 です。

3回目以降

マウスピースの調整(約30分~1時間)を行います。必要に応じて歯周病予防のケア(約30分)を行います。
3回目以降の費用は、¥1,000~¥1,500前後 です。

★ 週に1~2回ほどのマウスピースの調整のご来院が望ましいです。
3~4週間使うことにより、正しい位置が分かってきます。

ページのトップに戻る

 

顎関節症の治療例


全体的な治療を希望し来院された方です。いろいろお話を聞くと、左顎が常にカクカク音がして、左肩にひどい肩こりを感じている 顎関節症の症状が出ていました。
診査の結果、左右奥歯の歯がなく、噛み合せが悪いことが原因で顎関節症になっていることがわかりました。正面から見た顔の形も左右非対称になっていました。



顎関節症の治療後の写真です。正しい位置で噛めるように総合的な治療を行い仮歯の状態です。
下顎の位置が正常に戻ったので、顎関節症が原因だった顎の音が消え、肩こりもなくなりました。お顔も左右対称に近づけることが出来ました。

治療の際にマウスピースを用いることがありますが、合わないマウスピースを長期に渡り使用し続けると、頭痛、首こり、肩こり等の症状が出たり、顎関節症の発症・症状の悪化の可能性があります。

ページのトップに戻る


>正しい噛み合せとは

>噛み合せがずれる原因

>噛み合せを放置すると

>噛み合せのセルフケア

>学会 症例発表

>顎関節症とは、症状

>顎関節症の原因

>顎関節症の4タイプ

>治療法、治療の流れ

メイン部分のボトム


ネット予約
24時間受付中