赤坂 歯科 初診の流れ
セカンドイメージのドロップシャドウ
赤坂 歯医者・歯科の口コミ・評判
メイン部分のトップ

初診の流れ

>正しい噛み合せとは

>噛み合せがずれる原因

>噛み合せを放置すると

>噛み合せのセルフケア

>学会 症例発表

>顎関節症とは、症状

>顎関節症の原因

>顎関節症の4タイプ

>治療法、治療の流れ

顎咬合学会にて症例を発表しました

毎年6月に国際フォーラムで行われる顎咬合学会に、ドクターと衛生士で参加しました。

当院では毎月症例発表をして、全員で知識の共有と研鑽をしています。

治療に対して一人の意見だけにならない様、みんなで検討することにより
安全で間違いの無い治療が出来るようになることが狙いです。

学会は、そのような日々の症例を複数の先生に見てもらい意見をもらうことによりより真摯な気持ちで治療に望めるのと、自分達の治療方針の間違いがないかの確認をできる非常に良い機会になっています。

ページのトップに戻る

院長 吉田 雅幸

ページのトップに戻る

原島 厚

ページのトップに戻る

三留 弘之

ページのトップに戻る

北村 茂

ページのトップに戻る

真鍋 直

ページのトップに戻る

竹永 薫・坂本 菜緒


ページのトップに戻る

寺戸 あや・岡川 かおり


ページのトップに戻る

今回の学会発表での経験を生かし学んでいきたいです

顎咬合学会は歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士の三位一体の学術大会となり、最新技術を取り上げていたり、ベーシックな歯科臨床を見直すことで、知識の向上に繋がります。
私達が行ったポスター発表は、日々の自分たちの症例を人前で話すことにより、緊張感を持つ事ができ、内容を見つめなおし準備を始めて発表にいたるまでの達成感、更に今後の仕事への自信に繋がっていきます。

スタッフ一同、今回の学会発表での経験を生かし学んでいきたいです。

ページのトップに戻る


>正しい噛み合せとは

>噛み合せがずれる原因

>噛み合せを放置すると

>噛み合せのセルフケア

>学会 症例発表

>顎関節症とは、症状

>顎関節症の原因

>顎関節症の4タイプ

>治療法、治療の流れ

メイン部分のボトム


ネット予約
24時間受付中